検討中です。 これは、NMN が摂取された後に実際にどのように体内に取り込まれ、細胞に到達するかに関係します。 その根底にある微妙な点を調査してみてはいかがでしょうか。

保持と消化: NMN は胃腸管を通過する際に体内に摂取されますが、結果として生じる代謝サイクル中に NAD+ に完全に切り替わる前に分解される可能性があることが注意されています。 このため、NMNの所持品が監房に到着する前に消耗するのではないかという懸念が生じている。
キャリア: 細胞内で完全に NAD+ に切り替わるためには、NMN 効果が細胞膜を通過する必要があります。 このサイクルには明示的なキャリアが含まれており、NMN のセルへの取り込みを制御します。 このように、これらのキャリアの移動と存在が NMN の生物学的利用能に影響を与える可能性があると考えられます。
研究の進捗状況: 現時点では、NMN の生物学的利用能に関する実質的な結論は得られていませんが、関連する研究は継続しています。 NMN が生体内で NAD+ に完全に切り替わる程度と、細胞内で実際にどのように使用されるかについてのデータが必要です。
滞留促進剤: 同様に、NMN を摂取促進剤と組み合わせてバイオアベイラビリティを構築する試みもいくつか行われています。 これはNMNの摂取に作用し、強力な量が細胞に到達することを保証する可能性があります。
腹立たしい問題: NMN の生物学的利用能に関するいくつかの問い合わせはまだ完全に解決されていません。 将来の探査によって、保持と消化の構成要素が徹底的に説明され、その持ち物を最大限に活用することが考えられるようになるかもしれません。
一般的に言えば、NMN のバイオアベイラビリティに関する懸念は特定の検査で検討されていますが、現時点では合理的な結論には達していません。 今後の調査により、NMN の保持と消化の構成要素がより詳細に理解されるようになり、その実用化が促進される可能性があります。